不動産投資と収益物件で資産運用

不動産投資において知っておくべき旧耐震基準と新耐震基準の違い

不動産投資において知っておくべき旧耐震基準と新耐震基準の違い

 

 

近年、日本列島において、地震が頻発していることはみなさんも実感されていると思います。地震大国である日本においては、建物に耐震基準が設けられています。これには旧耐震基準と新耐震基準があります。ここでは、その違いを説明すると同時に、主に不動産投資の物件という観点から両者の特質について考えてみたいと思います。

 

耐震基準には旧耐震基準と新耐震基準があります

 

大正時代に起こった関東大震災を契機に耐震基準が設けられるようになりました。このように耐震基準は大きな地震を契機に作られ、その後も地震対策の進化と共に改正されてきた歴史があります。大きな改正としては昭和56年(1981年)の改正があります。この改正前の基準が旧耐震基準、改正後の基準が新耐性基準ということになります。

 

旧耐震基準と新耐震基準の違いをズバリ説明!

 

旧耐震基準がより厳しくなったのが新耐震基準ということになります。旧耐震基準が震度5クラスの地震に対する対策を想定しているのに対して、新耐震基準では震度6強以上の大きな地震に対する対策を想定しています。また新耐震基準では建物だけではなく、内部にいる人の安全という視点も加味されているのが特徴といえます。

 

不動産投資における旧耐震基準と新耐震基準について

 

新耐震基準であれば地震が来ても絶対大丈夫というわけではありません。しかし、安全性では一定の基準をクリアしていることは確かです。不動産投資において物件を選ぶ際にどちらの基準であるかという点は意識しておいたほうが良いでしょう。特に今後、大きな地震が想定される地域の場合なおさらです。いずれにしても物件のローンを抱えたまま、地震で物件を失うリスクを考えれば、地震保険の加入はぜひ検討すべきです。

 

耐震基準には古いものと新しいもの、2つあることがわかったと思います。不動産投資においても重要なので、購入前に確認するようにしましょう。

 

 

Thumb 08ffd1f486

住まいる!編集部

九州中古不動産投資情報サイト「住まいる!」の編集部が今の旬をピックアップする!

自分に楽しく投資する「楽投」をキーワードにした

不動産投資、投資その他、スキルアップ、美容、健康、ファッション、グルメ、趣味

について楽しく自分投資するには?お得な楽投資情報?自分磨きで楽しく自分投資?色んな角度からコンスタントに情報を発信していきます・・・

住まいる!編集部スタッフ

あなたにおすすめの記事

住まいる!会員のメリット

  • 気になる物件がたくさんある そんな時はお気に入り登録!
  • 不動産投資で注目する事って何ですか おすすめ物件がわかる!
  • お問い合わせの情報を入力するのが面倒 入力を自動入力に!
会員登録する(無料)
Investment bn

現在、Best Choiceの物件はありません

参加加盟店

  • Thumb 8d4d5a4fb3
  • Thumb 1ebd126419
  • Thumb 6eb1563ced
  • Thumb c2e33b1699
  • Thumb 3e87bc6cb5
  • Thumb 9e75e1946f
  • Thumb 49f34f8ee9
  • Thumb e1c21f8c34
  • Thumb e9585983b2
  • Thumb b0b81c172b
  • Thumb acf692a7d3
  • Thumb 4af7594e9d
  • Thumb 248022db10
  • Thumb 8b1002054a
  • Thumb 0387d1a811
  • Thumb 52e25cdcd8
  • Thumb b2210c7745
  • Thumb 1e81915254
  • Thumb cf97153dd6
  • Thumb c7068027ba
  • Thumb 8e5793c4b6
  • Thumb 4279399446
  • Thumb bad452c46d
  • Thumb 67489811ed

Menu