不動産投資での資金調達方法の一つがアパートローンによる銀行融資です。

銀行融資・アパートローンの金利相場

アパートローンの融資イメージ

不動産投資を始めるにあたっては、自己資金が潤沢にある場合を除き、資金を調達することが重要になります。
その際に頼りになるのが、銀行からの融資になるのです。

 

こちらでは、不動産投資に必要な資金を銀行融資で調達する場合の融資審査と貸し出し金利についてご説明いたします。

 

 

銀行融資の審査が緩い銀行ってあるの?

まず、不動産投資において銀行から融資を受ける場合、賃貸住宅の取得を目的とした事業に対する「不動産投資ローン(アパートローン)」を借りることになるため、自分が住宅を購入するために借りる「住宅ローン」よりも金利が高くなります。
そして、これは住宅ローンも同じですが、銀行内部での審査に通らないとアパートローンを借りることができません。

 

ここでは、銀行融資の審査が比較的緩く、アパートローンが借りやすい金融機関についてご紹介しましょう。

 

地方銀行を狙う

通常の銀行からの融資では、地方銀行が狙い目と言えます。
そもそも銀行の金利が安ければ安いほど審査が厳しく、金利が高ければ高いほど審査が緩いという関係にあり、一番厳しいのが都市銀行、一番緩いのがノンバンク系と言われています。
地方銀行は、この中間に位置しており、地方銀行が営業基盤を持つ地域での事業活動に対しては積極的に支援してくれます。

 

年収700万円ほどがあれば、アパートの一括借入が可能な額の融資が得られるという話もありますので、購入物件がある地域の地方銀行に相談すると良いでしょう。

 

住宅金融支援機構のフラット35

マイホームローンでお馴染みの住宅金融支援機構による「フラット35」ですが、不動産投資への活用もできます。
さまざまな制約があるのですが、新たに取得した土地に賃貸物件を建てるというケースでは活用できる可能性があるので、検討する価値は大です。

 

不動産投資会社の紹介による金融機関

不動産投資会社では、日常から金融機関との取引があるので、提携した銀行を紹介してくれます。
不動産投資会社の紹介による銀行ならば、融資審査が通りやすいと言われていますので、検討の価値は大きいでしょう。

 

 

アパートローンの金利について

金利イメージ

前述のとおり、銀行の金利が安ければ安いほど審査が厳しく、金利が高ければ高いほど審査が緩いという関係にあります。
審査が一番厳しい都市銀行では金利が安く、審査が一番緩いノンバンク系では金利が高いのが通常で、金利差で2倍もの開きがあるとも言われています。

 

一般的なサラリーマンが、アパートローンを借りる場合、年収の5倍~10倍が限度とされております。これが融資審査における個人属性に対する評価であり、これに加えて、不動産投資物件の収益性と資産価値をもって融資額が判断されていきます。

 

つまり、個人の年収が高ければ、個人属性の評価が高くなりますし、不動産投資物件の収益性と資産価値が高ければ、その運用によって返済計画が履行される可能性も高くなるので、銀行も安心して条件の良い金利で融資してくれるようになります。

 

この点を考えますと、不動産投資会社が提携している銀行の場合、不動産投資物件の収益性と資産価値を適正に評価してもらいやすく、適切なローンを紹介してくれる可能性が高いと言えるでしょう。

 

ですが、不動産投資に関する不祥事において、悪質な不動産投資会社の営業マンが、提携先銀行の担当者と組んで、不正な手続きで巨額な融資を行うという問題もありました。
このような問題に関与してしまうと、自分の不動産物件による収支計画では賄いきれないほどの巨額な借入金を抱えてしまい、計画が破綻して不動産を天馬為さなくてはならなくなることもあります。

 

ついては、購入予定の不動産物件による収支計画を現実的にプランニングし、その枠の中で返済可能な融資額を見極め、少しでも条件の良い、信頼できる融資先を探す努力を怠らないようにしましょう。

 

アパート投資のメリット
TOPへ