不動産投資で人気なのがワンルームマンションの購入で、リスクが少ないメリットがあります。

ワンルームマンション投資のメリット

ワンルームのイメージ

「不確実な時代」を生きている私たちにとって、将来に備える手段として有効なのが、「不動産投資」になります。
こちらでは、不動産投資のなかでも、ワンルームマンションへの投資のメリットについてご紹介してまいりましょう。

 

 

不動産投資の特徴とは?

不動産投資と言っても、マンションを一棟買いする場合もあれば、一部屋ずつ購入する場合があります。
一棟買いの場合、建物の品質も良く魅力的で、地の利が良ければ、人気が出て賃貸に出しても満室になる確率が高くなり、継続して安定的な家賃収入が得ることも夢ではなくなります。

 

ですが、建物の老朽化・劣化が進んでいたり、地の利が悪くアクセスに不便であったり、入居者ニーズを満たさない物件であれば人気も見込めず、空室を如何に埋めるか常に悩まされることになります。

 

一部屋ずつを不動産投資の対象とした場合、上記のようなリスクを回避することができます。
つまり、同じ築年数・同じ立地・同じ構造のマンションを一棟まとめて所有するのではなく、異なる築年数・異なる立地・異なる構造のマンションを一部屋ずつ所有していくことで、リスクを分散することができるのです。

 

このようなリスク分散型の不動産投資をするのに最適なのがワンルームマンションであると言えます。

 

 

ワンルームマンション投資のメリットとは?

ワンルームマンションを不動産投資の対象とすると、さまざまなメリットが得られます。
ワンルームマンションの場合、都内の新築物件でも1千万円代からと購入しやすく、異なる築年数・異なる立地・異なる構造の物件を複数件購入することもできます。

 

また、最近の晩婚化の影響から、気軽に借りやすいワンルームマンションへの需要は高くなっており、ファミリー向けマンションよりも入居者が決まりやすいと言われています。
このため、サブリースとして空室になるリスクが低く、また、いざという時に売却もしやすいメリットがあるのです。

 

 

新築物件と中古物件それぞれの特徴

それでは、ワンルームマンションの新築物件と中古物件それぞれの特徴について見てみましょう。

 

新築マンション

新築マンション

新築のワンルームマンションの場合、新しくてキレイという点だけでも人気を集めやすく、入居率も高くなりますが、最近の新築マンションであれば、耐震基準もクリアされていて安心感があります。

 

また、バリアフリーインターネット環境が整備されていたり、コンシェルジュサービスなどの入居者サービスがあったりと、付加価値の高いサービスが用意されている物件も多く、入居者を見つけやすくなります。
一方で、新築物件の場合は販売に際して大量な広告・宣伝が為されるので、広告宣伝費が価格に上乗せされることから、必然的に購入価格が高くなります。

 

中古マンション

中古マンション

中古マンションの場合、これまでの家賃と入居率を知ることができるので、今後の転貸をするうえでの参考にできます。
具体的には、管理会社がまとめる「重要事項調査報告書」を確認すれば、これまでのマンションの管理状況、管理組合の財政状況を知ることができるため、物件購入の判断とその後の運用を決めるうえで大変重宝します。

 

また、将来のマンションの大規模修繕に備えて、各室のオーナーが積み立てる修繕積立金について、過去の積立金を受け継ぐことができます。
そこに新オーナーとして積立金を積み増していき、いざという時の備えを万全にしていきます。

 

 

ワンルームマンション投資で忘れてはならないこと

ワンルームマンションであっても不動産投資の場合、メリットが発揮されるのは、購入した不動産に入居者が見つかり家賃収入を安定的に得られることが前提となります。
当初の計画を上回る空室率で推移すると、受け取れる家賃収入が減り、一方で、借入金利息は変わらないので収支がマイナスになり、借入金の返済原資がまかなえず、購入物件を手放さねばならないこともあります。
不動産投資を始めるのであれば、パートナーとして信頼できる管理会社を見つけられるかが大きなポイントになることを覚えておきましょう。

TOPへ