シェアハウスは共同生活を基本とした形態ならではの特徴と問題点があります。

シェアハウスの特徴

それぞれの部屋を占有しながら、ダイニング、キッチン、バスをみんなで利用する。
テレビ番組の舞台として取り上げられたこともあり、最近、若い人を中心に人気となっている「シェアハウス」

 

こちらでは、人気のシェアハウスの特徴をご紹介し、課題・問題点についてご説明いたします。

 

 

シェアハウスの特徴とは?

シェアハウスの女性たち

シェアハウスとは、基本的には戸建て住宅をベースとして、入居者一人ひとりの居室を確保しながら、キッチン、ダイニング、バス、トイレを共用で利用するもので、共同生活を基本とした賃借物件となります。

 

中には、アパートやマンションを転用した物件もあります。
マンションやアパートのように完全にプライベートな時間を過ごすものではなく、プライベートと共同生活の両方を楽しみたい、そんなライフスタイルを送る場所となります。

 

 

シェアハウスが人気の理由

シェアハウスが人気なのは、テレビ番組の影響に限らず、さまざまな要因があります。

 

多くの人と暮らすことの安心感

東日本大震災以降、若い世代を中心に、結婚や共同生活を望む人が増えてきたと言われています。
最近では、一人暮らしの女性や高齢者を狙った犯罪も多発していることから、一人暮らしよりも大勢で暮らすシェアハウスを希望する人が増えてきています。

 

共用スペースが利用できる

シェアハウスでは、キッチン、リビング、お風呂などが共用になるのが通常です。
マンションやアパートで一人暮らしをする場合、これらの共用部分は手狭で使い勝手が悪くなりがちですが、シェアハウスでは、広々として設備も充実していることが多く、快適に過ごせます。
また、通常、炊事や掃除は分担制や当番制となることが多いので、一人ですべての家事をしなくてはならない一人暮らしよりも負担が軽減されるという特徴があります。

 

入居時の初期費用の負担が軽い

シェアハウスの場合、通常の賃貸物件のような敷金・礼金を負担することはなく、通常はデポジットという保証金を預けるケースが多くなっています。
このデポジットの金額も、概ね家賃一か月分と割安のため、入居時の初期費用が抑えられるというメリットがあります。

 

引っ越しがしやすい

大型の冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器など炊事に使う設備などを自前で用意する必要がないので、入退去がしやすいという特徴があります。
こうした特性から、契約期間も1か月~というように、短期滞在を前提にした物件も多く、身の回り品だけで入居できるという手軽さもシェアハウスの魅力です。

 

 

シェアハウスの課題

これまでシェアハウスの特徴についてご説明いたしました。
シェアハウスのメリットばかりが目立ちますが、シェアハウス特有の課題・問題があります。

 

共同生活ならではの問題点

まず、共同生活が前提であるということ。
このため、同居人と相性が合う・合わないというセンシティブな問題があります。
夜型生活で夜中に騒音を出す人、自分とは異なる趣味を持つ人、日中多忙で任された当番や分担をこなさない人などがいるかもしれません。

 

相性が合わない人との共同生活のおかげで、ストレスが増えたり、引き籠りがちになったり、犯罪行為に発展したり・・・という話も聞きますので、共同生活とはどういうことか、十分認識をしたうえで利用を検討しましょう。

 

物件の問題点

シェアハウスで起きた火災で入居者が被害にあったという事件が起きています。
シェアハウスの中には、老朽化の進んだアパートや戸建て住宅を転用しているケースも多く、この場合、耐震基準や防火対策などが万全ではない物件も多くあります。
入居前に、物件の情報をしっかりと確認し、契約を締結するようにしてください。

 

契約形態の問題点

シェアハウスでは短期滞在が可能な物件が多くありますが、契約によっては、短期滞在の契約を更新・延長する際に高額な更新料などを徴収されるケースもあるそうです。
こちらも入居前に、契約条件をしっかりと確認しましょう。

 

 

シェアハウスで忘れてはならないこと

シェアハウスは共同生活であるということが前提です。
この点をしっかりと認識し、共同生活を楽しもうという前向きな感覚をもってシェアハウスを利用し、幸せで充実した生活を送るようにしましょう!

TOPへ